一戸建てに住んでる俺がFXする

一戸建てに住み始めた俺がFXする。今まで得た知識を共有するためにブログを立ち上げたぜ。

一戸建て売却の媒介契約について

   

不動産業者と契約をして一戸建て売却をする際には、契約方法に複数の種類があります。
それぞれ、専属専任媒介契約と専任媒介契約、そして、一般媒介契約です。
どの媒介契約を選択するかによって、売却の方法が変わってしまうため気をつけましょう。
とても重要な選択となるので、それぞれの違いを理解して慎重に決めてください。
専属専任媒介契約とは、不動産業者1社にだけ売却の依頼をする方法となっています。
これは専任媒介契約よりも条件が厳しくなっている点が特徴です。
こちらの契約方法を結んでしまうと、売主は仲介業者の探した買主に対してしか不動産を売却することができなくなってしまいます。
したがって、売主が自分の力で購入希望者を探したとしても、その人に売却することは不可能です。
専属専任媒介契約はもちろん不動産業者に対しても厳しい条件を与えます。
たとえば、不動産業者はすぐにレインズへと登録して、1周間に最低1回以上は売主へ販売状況についての報告をする義務が生じます。
こちらの契約方法は売主と不動産業者の両方にとってメリットがあります。
売主にとっては、不動産業者が頻繁に報告を行ってくれるため安心できます。
不動産業者にとっては、確実に自社から一戸建ての売却をしてくれるため、安心して広告を出すことができるのです。
次に専任媒介契約について説明します。
こちらも、専属専任媒介契約と同様に一社にしか売却の依頼をすることができません。
メリットとして、不動産業者からは2週間に1回の現状報告を受けることができます。
不動産業者にとってのメリットは、必ず自社を通して一戸建て売却をしてもらえる点です。
専任媒介契約は契約期間が決まっており、それは3ヶ月となっています。
3ヶ月が過ぎても買主が見つからない時には、再契約をするか、別の不動産業者と契約をするのかを選ぶことができます。
また、専任媒介契約をしたならば、不動産業者は1週間以内にレインズに登録しなければいけません。
専任媒介契約が専属専任媒介契約と異なる点として、売主は自分でも買主を探すことができます。
場合によっては、不動産業者が見つけた買主にではなく、自分で見つけた買主に対して一戸建てを売却することが可能です。
最後に一般媒介契約について説明します。
こちらは他の契約方法とは違い、複数の不動産業者に対して一戸建て売却を依頼することが可能です。
つまり買主にとっては最も条件の良い業者を選ぶことが可能となります。
また、レインズへの登録義務がないため、プライバシー保護の点からもメリットがあります。

 - 一戸建て