一戸建てに住んでる俺がFXする

一戸建てに住み始めた俺がFXする。今まで得た知識を共有するためにブログを立ち上げたぜ。

FXCMジャパン証券の魅力

   

FXCMの評判は世界中で展開しているだけあって、fxに関する全てのサービスにおいて高いようです。これまで高スワップ金利業者であったフォーランドフォレックスを買収した事で、FXCMのシステムトレードと短期トレード主体で会ったサービスにスワップ運用についても加味されて一層fx会社としては魅力が増していると思います。ただ、サービスやインターフェイスは海外仕様となっているので、日本人の感覚からすれば若干慣れる必要はあるかなと思う所ですが、慣れてしまえば使い勝手は良く通常のfxだけではなく自動売買やCFDにもチャレンジできることからオールラウンドで投資を楽しむ事もできます。FXCM本体は今後もM&Aを繰り返して、世界中の金融業者を買収していくと思いますので、そこで培ったサービスが今後も組み入れられるのではないかと思います。

ミラートレーダー

FXCMはミラートレーダーも扱っています。ミラートレーダーとは世界中のトップストラテジー開発者が開発したシステムツールを選択するだけで自動売買ができるというものです。世界中で既にfxで利益を上げている、実績のあるストラテジーを選ぶだけで勝手にトレードを行ってくれると言う夢のようなシステムを無料で使う事ができます。通常であれば自分で自動売買も設定しなければなりませんが、ミラートレーダーであればワンタッチで一つで勝手にトレードを行ってもらえるのでMT4までするにはまだ腰が引けると言う人が試しにしてみる事が多いようです。プラットフォーム上にはフルオート、セミオート、手動と選ぶこともできますので、自分でどれが一番フィットしているのかを選択して進めて行けば良いと思います。基本的にはフルオートでまかせっきりとする人が多いようですが、損益確認だけは毎日、きちんと運用されているかを確認することが大切です。

MT4の特徴

FXCMが扱うMT4の特徴としては1つ目にNo Dealing Desk (インターバンク直結)で投資家と利益を共有している事です。多くのMT4を扱っているFX会社はディーラーを置いたりシステムで顧客と対峙するようになっていますが、FXCMはそれがありません。2つ目としては、スプレッドが狭い事です。ドル円で1.1〜1.7銭、ユーロドルでは2.3〜2.9pipsとなっています。通常MT4の場合はシステムコストが通常の取引システムよりかかってしまうためスプレッドがワイドになっているのが現状だと思いますが、FXCMではそれを極力狭く設定する事に成功しました。これで自動売買だけでなく裁量トレードであっても活用しやすくなりました。3つ目には、ブリッジ会社を介していないという点です。2つ目にも影響してくるのですが、FXCMの場合は不要なシステム会社を介す事がないためコストを圧縮することに成功しており、投資家に不要なコストを強いる事がありません。しかも、発注からインターバンクまでの距離も縮まることから、ストレスのないスムーズな約定をすることが可能になりました。また、FXCMでは部分決済が可能になったり、IF-DNOE注文ができるようになったりとMT4トレーダーだけでなく裁量トレーダーにも使い勝手が良いように日々改善が進んでいます。

プロの取引システム

FXCMでは高性能取引システム「Trading station2」を採用しています。これは世界中のプロトレーダーにも愛用されているプラットフォームで取引ツールとチャートが連動しており、投資家それぞれの使いやすいレイアウトにも変化させることもできるので、使い勝手は良いと思います。表示画面の切り替えや画面の分割などもドラック&ドロップで簡単に調整することもできますので、スピードが命であるfxトレーダーにとってはとても有難い機能となるでしょう。FXCMはNo Dealing Desk (インターバンク直結)で透明性の高いレートを顧客に提供しています。通常であればfx会社が投資家とインターバンクの間に立ってレートを操作することで利益を得ていると言う事が多いのですが、fxcmの場合は投資家とインターバンクをシステム的につなぐだけの役目となっているため、投資家と利益が共有するためクリアで良い環境で投資家はトレードをすることができます。

高スワップ金利

※豪ドル円を1万通貨買いポジションを持っていると1日69円のスワップ金利を受け取る事ができます。

fxcm(フォーランドフォレックス)といえばスワップ金利と言われるくらいスワップ金利には定評があります。fxと聞いて一般人が連想するのはこのスワップ金利だと思いますし、この超低金利が続く日本社会においてfxが果たす役割もこのスワップ金利ではないかと思います。スワップ金利とはその通貨ペアごとに生じる金利差の事ですので、日本円を売って外貨を買っていれば概ねスワップ金利がつきます。とりわけ、豪ドルなどの通貨であれば高いスワップ金利を期待できますので、豪ドル円の買いを持つ人が多いです。fxcm(フォーランドフォレックス)であればもちろん、他社よりも豪ドル円に関するスワップ金利も高いためスワップ運用をするのであれば絶対に外す事のできなfx口座になると思います。さらに豪ドルよりスワップ金利が高い南アフリカランドについてもfxcm(フォーランドフォレックス)は扱っているので、こちらを運用したい人に関しても問題ないです。fx口座の中には高金利通貨であっても取り扱いがない所も多々ありますので、口座開設をする前に自分が取り組みたい通貨ペアがあるかどうかは必ずチェックしておいたほうが良いでしょう。

スプレッドと約定力

fxcm(フォーランドフォレックス)はMT4などの自動売買というイメージがあると思いますが、裁量トレーダーにも満足できる低スプレッドや約定力も兼ね備えています。米ドル円のスプレッドは0.6銭、ユーロ米ドルは0.9pipsとfx業界内でもかなり低スプレッドであると思います。また約定能力で見ても抜群の約定率を誇りますので、fxデイトレーダーであっても問題なくfxトレードをできるのではないかと思います。やはり、fxは低スプレッドであると言う事がもはや当たり前と言う事になってきていますが、約定能力についてはまだ議論される余地があります。どれだけ低いスプレッドであっても約定しなければ意味がありませんからね、そういう点ではfxcm(フォーランドフォレックス)の場合はしっかりと約定する力もシステム的に備わっているためしっかりとチャンスを狙う事もできますし、リスク回避時のトレードもできます。

 - FX